筋肉トレーニングで糖尿病予防

筋肉トレーニングで糖尿病を予防する

筋肉トレーニング,糖尿病,予防

 

糖尿病の予防や治療には、食事管理はもちろん運動も大切です。運動にはウォーキング等の全身を使って行う有酸素運動と、筋肉を鍛えるスクワット等のレジスタンス運動があります。レジスタンス運動とは筋トレの事で、この2つを組み合わせる事が効果的です。

 

筋トレを行うとブドウ糖が沢山消費され、筋肉量が減り基礎代謝が下がるので血糖値が上がってしまいます。これにより、糖尿病に繋がってしまうのです。筋肉量は日々の筋トレで増やす事がある程度出来るので、防げます。

 

筋肉量を増やす事で代謝が増えて、血糖値が改善したり肥満解消や予防にも効果的です。筋トレは毎日行う必要はなく、有酸素運動と組み合わせる事で週2.3日行うのが理想的です。行う時間帯は血糖値の上昇を防ぐために、食後30分から1時間後が効果的であるが基本的にはいつ行っても問題はないです。

 

お勧めの筋トレはスクワットで、軽く肩幅に足を開いて呼吸を止めずにゆっくりと行います。膝を曲げた方が負担がかかるので、慣れるまでは浅く曲げるようにします。もも上げ運動は肩幅に足を開いて立って片足づつゆっくりと上げ下げして、ももを上げる時には息を吐きます。

 

腹筋も同時に鍛える事が出来て、椅子に座って足を浮かせてキープする方法でも出来ます。

尿酸値を筋肉トレーニングで下げる

筋肉トレーニング,糖尿病,予防

 

筋トレを日常的に続けていると、尿酸値を上昇しにくいです。これは日常的に行っていて、負荷を少しづつ上げているためです。筋肉量が増えると基礎代謝が上がり体温も上がり、尿酸が溶けやすい状態になります。

 

筋肥大をさせるには8RM前後になり、酸素を取り入れながら筋トレが出来ます。パワーアップを狙ったやり方の1から3RMだと、酸素を取り入れる事が出来ないです。こうなると乳酸が増えてしまい、結果的にも尿酸も増えてしまいます。

 

酸素を取り入れる事が出来ると、尿酸が沢山増える事がないです。筋トレを行うと筋肉量が増えるので、脂肪が燃焼されやすくなります。これにより、内臓脂肪が減少するので尿酸値が下がります。尿酸値が高い原因に肥満もあるので、内臓脂肪を減らす事で下がる場合もあります。

 

尿酸値を急激に上げないためには、毎日体重を計る事です。筋トレを行っている人は、体重を減らしたい人が多いです。早く結果をだすために、過度な食事制限も行ってしまう場合もあります。急激に体重が変動すると脂肪過多やリバウンドに繋がってしまい、尿酸値にも影響を与えてしまいます。

 

このために小さい目標と大きい目標を決めて、少しずつ小さい目標を達成していき、最終的に大きな目標を達成出来るようにしましょう。

vrush(ブラッシュ)FIRAマッスルサプリのご購入はコチラ!トップページへ細マッチョボディになりたい方、効率よく痩せたい方はトップページのvrush(ブラッシュ)FIRAマッスルサプリも確認してみてください。