筋肉トレーニングで免疫力を上げる

筋肉トレーニングを行って免疫力を上げる

筋肉トレーニング,免疫力

 

筋肉を付けるとリンパ球が増えますが、リンパ球とはウイルスや細菌と闘ってくれる免疫細胞の1つです。リンパ球が増えると免疫力がアップするので、強い身体になります。筋肉を付けるとリンパ球が増えるわけではなく、筋肉の中に沢山含まれているアミノ酸の1種であるグルタミン酸が大きな役割を果たしています。

 

風邪等になると人間の身体は筋肉を分解する仕組みがあり、筋肉を分解する時に出るのがグルタミン酸です。グルタミン酸はリンパ球を活性化させる働きがあり、リンパ球の数を増やしてくれるのです。筋肉を付けると病気の時にグルタミン酸が供給されて、リンパ球が増えていきます。

 

これが筋肉を付けると免疫力がアップする、メカニズムです。しかし風邪をすでにひいていたり熱のある時には、筋トレを行ってはいけないです。風邪をひいているとウイルスに対して、防御力を身体はほとんど使っています。

 

この時に筋トレを行ってしまうと、筋トレで分解された筋肉を同化させる力がなくなってしまうためです。筋肉は分解されたまま、更に細くなってしまいます。風邪への防御力と筋トレで体力が奪われて、ウイルスに抵抗出来なくなるので悪化させてしまう可能性もあります。

 

このため、筋トレは風邪等の予防としても行うようにしましょう。

筋肉トレーニングに年齢は関係ない

筋肉トレーニング,免疫力

 

50歳を過ぎたから、今更筋トレなんてやっても仕方ない・・・と思ってませんか?

 

特に女性の方!!男性もそうですが、50代になると自分の人生がある程度予想できます。仕事では定年をむかえ、お子さんが育ち、家から離れることもあるでしょう。なにより、自分の体が若い頃と違って無理がきかなくなってきたことにも気づきます。

 

動きが鈍くなったり、体の可動域が狭くなったり、今まで不通にできていたことが、やりづらくなったりしてませんか?

 

なんとなく、年だから仕方ないとあきらめてしまいますよね。この「あきらめる」ということが問題なのです。この年齢で筋肉トレーニングなんて無理とあきらめてしまうんです。

 

この年齢だからこそ、筋肉トレーニングをしましょう!!筋肉トレーニングは「やれば成果がでる」これにつきます。運動神経の優劣、スポーツ経験、年齢、性別に関係ありません。

 

とくに50歳を過ぎた世代にとって筋肉トレーニングの効果は目を見張るものがあります。

 

筋肉をつけ筋力を増やすことで見た目が確実に違ってきます。ウォーキングだけでは痩せないという人もいました。ウォーキングで体重が減ってもサイズが変わらないという人もいます。筋肉トレーニングを取り入れることで確実に引き締まった体型が手に入るのです。

 

体が若々しくなり、体力がついてくると行動範囲が広がります。交友関係も増え、他人と交流することにより、脳に刺激が与えられ生き生きとした日々を送ることができます。

 

さらに何もしないと筋力は年々低下していきます。転びやすくなったり、疲れやすくなったり、年のせいだからとあきらめてしまうんです。

 

若々しく、生き生きとした生活を送りたい!!気が付いたときから筋肉トレーニングを始めればいいんです。

 

50キロのダンベルを持ち上げろなんて言いません。自分のできる範囲から始めればいいんです。少しずつでも継続していくことによって、若々しく生き生きとした人生を手に入れることができます。

vrush(ブラッシュ)FIRAマッスルサプリのご購入はコチラ!トップページへ細マッチョボディになりたい方、効率よく痩せたい方はトップページのvrush(ブラッシュ)FIRAマッスルサプリも確認してみてください。