プロテインの賞味期限

プロテインに賞味期限はあるか

プロテイン,賞味期限

 

プロテインには賞味期限があり、意外と短いです。プロテインは美味しく食べるために開発されていなく、タンパク質を補給するために開発されているものです。このため、美味しさや飲みやすさは二の次になっています。

 

このため賞味期限を気にしないで、大事なのは消費期限を気にする事です。消費期限はその日まで安全に食べる事が出来るが、それ以降は保証しないという意味であります。分かりやすくいうと、賞味期限は特に気にしなくても大丈夫なのです。

 

消費期限を過ぎてしまうと、サラサラのプロテインでも腐ってしまう可能性があります。正し注意をする事があり、海外から並行輸入をしたサプリメントやプロテインには、消費期限が書かれていないです。そのため、メーカーの方で売れ残りや消費期限が切れたものを捌いているのではないかと思われます。

 

脂質を含んでいるプロテインは、開封後に脂質が酸化して味が悪くなるだけではなく効果も影響が出てしまいます。賞味期限が切れたものは、飲むのを控えます。未開封であれば保管状態がある程度雑でも問題ないが、開封をしたらきっちりと保管をします。

 

開けた後は直ぐに閉めて、暗所に置いて湿気にさらされたら捨てるようにしましょう。

プロテインは休養日にも必要か

プロテイン,賞味期限

 

トレーニングを行っている人の中にはプロテインを飲んでいる人も多いですが、プロテインの主な原料はタンパク質です。タンパク質は筋肉の材料になり、プロテインを使用すると余計な栄養を摂る事なく必要な量のタンパク質を簡単に補給出来ます。

 

筋トレを行わない休養日には飲んだ方が良いのかは、タンパク質が足りないのであれば飲んだ方が良いです。反対にタンパク質が足りている場合は、筋トレを行った日でも休養日でも飲まなくても大丈夫です。筋トレを行った日に飲むのは、タンパク質を直ぐに補給出来て消化が早いので筋トレ前後の栄養補給に適しています。

 

食事で十分にタンパク質が摂取出来ていれば、プロテインを一切飲まなくても問題ないです。人間の身体は消耗の度合いが大きいと一気に栄養を摂り込もうとするので、休養日よりも筋トレ日の方が必要なタンパク質の量が増える事はあります。

 

しかし筋肉が回復をするのは、筋トレを行った日だけ起こっているのではないです。休養日でも筋肉のダメージの補修が行われているので、休養日も筋トレ日と同じように考えると良いです。筋トレ日は、トレーニングの30分前の1回分だけ休養日よりも多くプロテインを飲むようにしていきましょう。

vrush(ブラッシュ)FIRAマッスルサプリのご購入はコチラ!トップページへ細マッチョボディになりたい方、効率よく痩せたい方はトップページのvrush(ブラッシュ)FIRAマッスルサプリも確認してみてください。